中古ドメインを自分で探すには?

中古ドメインを入手するには、主に2つの手段があります。
ひとつは、中古のドメインを扱っている販売業者からお金を出して購入する方法です。
そしてもうひとつの選択肢は、自分で使われなくなったドメインを探しだして無料で取得する方法です。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、予算や時間に合わせて適宜使い分けていきたいですね。
ここでは、無料でのドメインの見つけ方とその注意点をまとめました。

期限の切れたドメインを見つけよう

普通にネットを巡っていても、ときどきアクセスや表示が出きないサイトが見つかると思います。
「このウェブページにアクセスできません」と表示されたなら、自分で取得しなおしてそのサイトの価値を引き継ぐチャンスです。

取得したいドメインの候補が見つかったら、取得業者に申請手続きを行いましょう。
引き継ぎ可能なものであれば、そのまま登録手続きがされ、自分のサイトのドメインとして使えるようになります。


自分で探す時の注意点

取得可能なすべてのドメインが、良質な価値を持っているとは限りません。
むしろ、不正なSEO行為などによって、ページランクが大きく下がってしまっている可能性もあるのです。

なので、取得手続きを行う前に、ドメインの価値について入念な調査を行う必要があります。
ブラックリストに入っていないか確認したり、被リンク数が以上に多すぎないかなど、最低限調べておきたい点はいくつかあります。

運営歴が長くても、ほかサイトからのリンクが全く無ければページランクは上がらないので、苦労して見つけた分の価値はないかもしれません。
公共機関のリンク集を中心に探すと、リンク数や信用性が安定しているドメインが比較的見つかりやすいですが、狙っているライバルも多いです。

デメリットとしては、これらの調査を自分で全て行うと時間が掛かり過ぎる点です。
お急ぎの人なら、時間を節約するために良質な中古ドメインを予め選定している、販売業者に依頼したほうが効率的です。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »