安心できる中古ドメインの選び方

中古ドメインはものによっては高額になるので、その質が証明されるまでは安心して購入できません。
販売業者からの保証があれば安心ですが、良質なドメインを自分で判断するポイントも知っておけば、失敗を防げます。
ドメインの過去の運営歴を調べてみて、狙い目のサイトに当てはまる特徴を教えます。

日本語ドメインが一番安心

多言語に通じていない限り、サイトがどんな内容かすらわからなければ質をチェックしようがありません。
そこで、まず第一の条件として、日本語のサイトであるのが前提です。

国や公共団体に関係するサイト

信頼性の高さで言えば、一番安全なドメインです。数が限られているので狙うのは難しいですが、公共機関や施設のリンク集を定期的に辿っていけば、意外とリンク切れのドメインが見つかります。

少なくとも、正当な方法で運営されているのでスパムやウイルス拡散といった理由でペナルティを受けている心配はありません。
政府や公共機関の公式サイトに限らず、関係者の個人ブログやキャンペーンサイトなどもチェックしてみると、掘り出し物が見つかるかもしれません。
他には、こういった方法(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4601753.html)があります。

有名人・芸能人のオフィシャルサイト、個人ブログ

グレーなSEO対策をしておらず、かつ質の高い被リンクを集めています。
活動を辞めた芸能人やアーティストを中心にチェックしていきましょう。
すべての引退したサイトで被リンクが沢山あるとは限りませんが、少なくともハズレを引く可能性は無くなります。


イベントやお祭りに関連するサイト

ソーシャルネットワークで過去に共有されやすかったという強みを持っています。
ソーシャルメディアからの被リンクも、近年では評価されやすい傾向がありますね。

わざとらしく被リンクがされていないのも安心できます。
長くても約1年くらいの短期間の運営なので、閉鎖・削除済みの中古ドメインが見つかりやすくなっています。
数も比較的多いので、安心できるドメインを探しやすいのではないでしょうか。