中古ドメインを賢く運用する基本

これから本格的なサイトの作成を考えるときに、まずはサーバーと契約し、ドメインの取得するという課題なります。
ここで疑問に感じることが多いのが、古いドメインを使うべきか?という問題ですね。
中古ドメインには一体どんなメリットがあり、どうやって取得していくのかといったことまで、当サイトで初心者向けに説明します。

中古ドメインは何か?

まずは、オールドドメインの基本から言うと、ドメインとはウェブサイトの住所みたいなものであり、URLとして記載されます。
サイトを確保する場所として住所を購入する権利を、ドメイン取得によって手に入れるのです。

現在では閉鎖・削除されてしまい、使われていないウェブページのドメインは、オールドドメインとして新しい持ち主による取得・管理ができます。
そのSEO的なメリットを知る人の間では効果で取引されているのですが、大半の人は新規ドメインを取得しているのが現状です。


古いドメインを使うメリットとは?

中古と聞くと、良くないイメージを持つ人もいるかもしれませんが、そのメリットといえば初期のサイトの上位表示に効果があることです。
古いドメインのすべてが価値が高いわけではありませんが、SEO効果の高いものを取得できれば、サイトの立ち上げを強力に後押ししてくれるんです。

なぜ検索エンジン対策に中古ドメイン効果が有利なのかといえば、グーグルに評価されるための条件をいくつか満たしているからです。
そのひとつが、もともとの被リンク数が多いという条件ですね。
ウェブページの評価を上げるには、関連性が高く充実したコンテンツのウェブサイトからリンクを貼られているのが、重要な要素になります。

自分でリンク集に登録する作業も大変な手間がかかりますし、良質なリンク先を探したり、依頼する苦労は並大抵ではありません。
作成初期のそのような苦労を、大幅に削減してくれるのがオールドドメインのいいところです。

良質なドメインを見つけるのが大切

古いドメインを使用するのが即メリットにつながるのではありません。
あくまでも、SEO的価値が高いものを自分で探したり、信頼できる業者を通じて購入する必要があるんです。

ドメインの運営が長くても、悪質なSEO対策や違法なコンテンツによって、むしろマイナスの価値になっているものも沢山あります。
素人目では一見したところわからないので、自分でその価値を調査し、厳選するための基礎的なテクニックを身に着けましょう。

どうやって良質なドメインを取得するか?

ハズレのドメインを避けて、本当にSEO効果の大きいものを見つけるには、いくつかの方法があります。
そのひとつが、オールドドメインを取り扱っている販売業者から購入するという方法です。

SEO価値の良し悪しを見極める自信のない初心者が、まず最初にドメイン取得の流れを知る手段としてもおすすめです。
販売業者であらかじめ、安全に利用できるドメインをふるいにかけているので、あとは希望する商品をそのなかから選ぶだけです。

効率的にドメインを探す方法

販売サイトでは、ページランクが高いほど高額な値段設定になるので、購入するのに二の足を踏むかもしれません。
自分で正当な価値を見極められるようになるには、ドメイン取得に慣れるためにも一度自分で古いドメインを探してみるのもいいでしょう。

使われなくなったドメインは、普通にネットサーフィンをしているとちらほら見かけます。
偶然見つかれば、あとは使用可能かどうか、スパムサイトではないかといったことを調査し、取得サイトに申請するだけです。

しかし運だけに頼るのは非効率なので、探し方のポイントを心得て、少しでも掘り出し物を見つける確率を高める工夫も欠かせません。
当サイトでは、ページランクやSEO的な価値を自分でチェックする方法の基本から説明を行っています。

まとめ

オールドドメインにはいくつか有利な点があるのは事実ですが、それだけでは長期的に上位表示させ続けるのは難しいです。
ドメインのパワーという外部的な要素と、ウェブページのコンテンツの充実という内部要素の両方があってこそ、検索エンジンで評価されるのです。

ここでは、外部のSEO対策として有益な古いドメインの基本から、実際に役立てる方法までをアドバイスしていきます。
これから開設したいサイトの起爆力をアップさせるためにも、そのリスクを踏まえつつ安全に運用する参考にしてください。